Ubuntu への JDK, Android SDK のインストール


今まで Windows 環境で Android 開発をしてきたのですが、最近ふと思い立って Linux(Ubuntu/Xubuntu) で環境を構築してみました。この記事では、IDE をインストールする前に必要となる JDK と Android SDK のインストールについて記述します。 (ADT Bundle を使わず、 JDK/SDK と IDE を個別にインストールすることを想定しています。)

JDK のインストール

JDK は頻繁にアップデートされるので、パッケージ管理を使いたいと思って調べたところ、 Oracle Java (JDK) 6 / 7 / 8 Installer PPA : “WebUpd8” team で PPA が提供されていました。この PPA は、 Oracle のインストーラをダウンロードして実行するようになっています。
以下のように導入します。途中、Oracle ライセンスへの同意が求められますので同意して進めます。

最後の行で、インストールが正常に行われたか確認しています。
以上の作業で、私の環境では /usr/lib/jvm/java-7-oracle にインストールされました。

Android SDK のインストール

Android SDK のインストールは、 Android SDK | Android Developers に従って進めました。

  1. まず、 SYSTEM REQUIREMENTS の Linux 欄に以下の記述があります。

    64-bit distributions must be capable of running 32-bit applications.

    64-bit ディストリビューションは、 32-bit アプリケーションを実行できなければならない。

    私の環境は 64bit-Xubuntu なので、これに対応するため ia32-libs をインストールします。(32bit OS では不要です。)
    sudo apt-get install ia32-libs
    私の環境は 64bit-Xubuntu なので、これに対応するため lib32stdc++6 と lib32z1 をインストールします。(32bit OS では不要です。)

    ※注 2014/10/15) Ubuntu 14.04 以降では、ia32-libs をインストールできません。(Dan Dar3: Android SDK Tools on Ubuntu 14.04 beta x64)

  2. 次に DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMS から Linux 32 & 64-bit のパッケージをダウンロードします。(/home/hoge/Downloads/android-sdk_r21.1-linux.tgz とします)
    ※ 現在は、 Eclipse 環境も含めた ADT Bundle というパッケージが用意されていますが、本記事では、IDE を別途インストールする事を想定しています。
  3. ホームディレクトリに適当なディレクトリ (ここでは Development とします) を作成してそこに展開します。

  4. tools, platform-tools ディレクトリにパスを通しておくと便利です。 ~/.bashrc に以下を追加します。

    ※ 2014/02/14 修正: 現在では adb は platform-tools ディレクトリに移動されれているので、パスに platform-tools を追加しました。

    ※ 2014/05/28 補足: platform-tools は、Android SDK Platform-tools をインストールすると作成されます。

    パスを適用するために、以下を実行します。

  5. SDK をアップデートします。(全てのプラットフォーム用の SDK がダウンロードされますので、かなり時間を要します。)

    ※ 2014/05/28 補足: 現在は多くのプラットフォームが登録されていて、全てのアップデートを実行するのは現実的ではありません。この操作は飛ばして、次の項目へ進み、「SDK マネージャ」を起動して必要なものだけインストール&アップデートした方が良いと思われます。

  6. SDK マネージャを起動して確認してください。(私の環境では、ソースがダウンロードされていなかったので追加でダウンロードしました。)

  7. その他の android コマンドについては、–help オプションで確認してください。

この後は、Eclipse や IntelliJ 等好みの IDE をセットアップして開発を始めることができます。

[参考サイト]

[関連記事]