Eclipse の Window メニューに Android SDK / AVD Manager が表示されない時


先日、Eclipse を再インストールしてセットアップしたところ、Window メニュー内に Android SDK Manager, Android Virtual Device Manager が無いことに気づきました。

本来は、このように、Navigation の下に表示されるはずです。

しかし、今回インストールした Eclipse だとこのようなメニューです。もちろん、ADT はインストール済です。

SDK/AVD マネージャ自体は SDK をインストールしたフォルダから直接起動することができるので、致命的なことにはなっていないのですがやはり不便です。(デフォルトでは、Android SDK は、%USERPROFILE%android-sdks にあります。)

前から使っている PC は問題なく表示されているのですが、新しくインストールした PC では上記の問題が発生します。

丁度、Android 4.2 SDK が更新されて ADT も 21.0.0 に更新されたタイミングでしたので、ADT のデフォルトの設定が変わったのでは無いかと推測しています。

既存の ADT を更新した場合は設定を引き継ぐので問題無いのですが、新規にインストールすると、新しい設定になるので上記問題が発生するのではないかと思います。(なぜ、そのようなデフォルト設定になったのかは不明ですが)

この問題は、以下のように設定を修正することで解消できます。

  1. Window > Customize Perspective を開く
    Eclipse Window Menu
  2. Command Groups Availavility タブを開き、Android SDK and AVD Manager にチェックを入れる
    Command Groups Availavility

以上で、SDK/AVD Manager が Window メニュー内に表示されるようになります。