Ubuntu 14.10 で Genymotion の仮想デバイスがフリーズする現象の対処


はじめに

先日、Ubuntu ファミリーの最新版 14.10 がリリースされました。これを期に、これまで使っていた Xubuntu 14.04 から Ubuntu Mate 14.10 に乗り換えてみました。インストールは順調に進んだのですが、Genymotion を起動したところで問題が発生しました。仮想デバイスを作成して起動しようとしますが、いつまで経っても初期化が終了しないのです。しかも、OS 自体が入力を受け付けない状況に・・・。色々と調査&試行錯誤を繰り返して、ようやく問題が解決しましたので、ここに記録しておきます。

原因は NVIDIA のドライバ

なかなか原因が特定できなかったのですが、Genymotion の FAQ で判明しました。Genymotion – Frequently Asked Questions に以下が記されています。

When I start a virtual device, why does Genymotion freeze or crash?
This is due to an incompatibility with your video card driver.

仮想デバイス起動時に Genymotion がフリーズまたはクラッシュするのはなぜ?
ビデオカードのドライバーの非互換性が原因です。

ただ、この FAQ には解決策は書かれておらず、問題特定のために情報収集して報告するための手順が書かれているだけです。私の PC は NVIDIA Geforce GTX660M が乗っているのですが、おそらく 14.10 で提供される NVIDIA のドライバーと Genymotion の相性が悪いのだと推測されます。

NVIDIA の最新ドライバをインストールするには

まず試したのは、「追加のドライバー」にあるドライバの変更でした。プロプライエタリなドライバにしたりしてみましたがだめでした。次に、NVIDIA のサイトからドライバをダウンロードしてインストールを試みました。これは結構厄介で、一旦シングルモードで起動しなおしてから実行する必要があります。ですが、これもエラーが出ます。無理やり実行すると OS 自体おかしくなってしまいました。。。。
ここまでで打つ手が途切れてしまい、Android 標準の AVD を使おうかと考えていた所、How To Install The NVIDIA 340.46 Driver On Ubuntu 14.10, Ubuntu 14.04 And Derivative Systems | LinuxG.net を見つけ、その手順にしたがって簡単にドライバーをインストールできました。再起動したところ、見事に Genymotion が動作するようになりました。手順は、以下のとおりです。

念のため、バージョンを Unix Graphics Announcements and News Board – NVIDIA Developer Forums で確認すると、340.46 が最新のドライバなのでバッチリです。(343 はベータのようです。)

あとがき

Ubuntu Mate なかなか良いです。Xubuntu からの乗り換えでもそれ程違和感ありませんし、しっかり作られている感じがします。特に日本語化チームが頑張ってるのが感じられて好感がもてます。Ubuntu の公式ファミリー登録も間近との事で、今後はこれで行こうかと思っています。

[参考サイト]

  1. Genymotion – Frequently Asked Questions
  2. How To Install The NVIDIA 340.46 Driver On Ubuntu 14.10, Ubuntu 14.04 And Derivative Systems | LinuxG.net
  3. Unix Graphics Announcements and News Board – NVIDIA Developer Forums

メールアドレスが公開されることはありません。